qrcode.png
http://k-work.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社ワーク
〒409-3804
山梨県中央市井之口971-1

フリーダイヤル.

0120-822-211
TEL.055-274-0211
FAX.055-274-1411

営業時間

9:00~18:00

定休日

日曜祝日第2土曜日


1.太陽光発電システムの
   設計施工(SHARP)
2.住まいのリフォーム設計施工
   営繕、建築全般
3.オール電化設備工事
   エコキュート
   IHクッキングヒーター
   蓄熱式暖房等

 

 
182675
 

ソーラーシェアリング

 

営農継続型 太陽光発電

営農継続型 太陽光発電
 
ソーラーシェアリングとは
平成25年度3月31日付けで農林水産省から出された通達によりソーラーシェアリングが注目を浴びています。
農業も太陽光発電も太陽光がなくては成り立ちません。ソーラーシェアリングとは、農作物の成長に必要な太陽光を確保しつつ太陽光発電を設置し、太陽光を分け合うというスタイルの農業になります。
農地には農地法により様々な制約があり、農地以外の利用をするのも複雑な手続きと多くの時間を要することになります。
ソーラーシェアリングもこれに同様であり、緩和に向けてのまさに第一歩という位置づけです。これが実現すれば、山梨県にも多くの農地があり、いずれ本格的に普及するようになると思われます。
実現すれば、広大な面積で産業用太陽光発電を設置することが可能となり、不作による収入減などを売電収入でおぎなえることも可能になります。
 
耕作地に地上から約3mの位置に藤棚の様に架台を設置し、短冊状の太陽光パネルを幅を持たせて並べ、営農を続けながら太陽光発電を行います。作物にとって一定の量以上の太陽光は光合成に利用されず(光飽和点)強い光は作物にとってかえってストレスになります。また、遮光率は30%程度で作物の生育に支障がない様に考えられています。
このソーラーシェアリングは日本の農業が抱えている農家の後継ぎ不足、農業従事者の高齢化、耕作放棄地などの諸問題を解決する可能性を持っています。
 
 
営農型太陽光発電と相性の良い農作物
ソーラーシェアリングに適した農作物とはどのようなものでしょうか。
植物は光が当たることで成長しますが、実はほとんどの植物にはその光の量が一定の範囲を超えた場合は、それ以上成長しないという特徴があります。それを「光飽和点」と呼びます。
光飽和点を持っている植物は「C3型植物」と呼ばれていますが、このC3型植物は下記の通りとなっています。
 
日照に応じて成長する作物
作 物 光飽和点(klx)
トウモロコシ なし
 ※他にもサトウキビ、アワ、ヒエなど 
 
豊富な日照が必要な作物
作 物     光飽和点(klx)
す  い  か   80
ト  マ  ト 70
  
比較的多い日照が必要な作物
作 物 光飽和点(klx)
40
ぶどう(巨峰) 40
桃 (白  鳳) 40
梨 (幸  水)
40
え ん ど う 40
ナ   ス 40
き ゃ べ つ 40
き ゅ う り 35
  ※他にもピーマン、さつまいも、オクラ、かぼちゃ、里芋、大根、にんじん、ごぼうなど
 
比較的日陰を好む作物
作 物 光飽和点(klx)
レ タ ス 25
い ん げ ん 25
い ち ご 25
ミ ツ バ 20
シクラメン 15
シンビジウム 10
ア ザ レ ア 5
  ※他にも、白菜、きゃべつ、ふき、みょうが、キノコ類など
 
ちなみに、光飽和点のない植物はC4型と呼ばれています。このC4型植物はトウモロコシやサトウキビなどの植物が該当しますが、太陽に当たれば当たるほど成長していくため、このような作物とソーラーシェアリングは相性が良くないと言われています。
また、トマトやすいかといった光飽和点が高い作物も、ソーラーシェアリングを行うにあたりリスクが高くなってしまいますので注意が必要です。
ソーラーシェアリングは、植物に光飽和点があることを利用して考案された技術です。
植物の種類によって光飽和点は異なりますが、おおむね遮光率が30%程度以下であれば、作物の成長には影響がないと考えられています。
トウモロコシやサトウキビのように光飽和点が見られない植物も一部には存在しますが、多くの植物には光飽和点があるため、ある程度の太陽光を遮っても、十分発育するものと考えられています。
 
 
ソーラーシェアリングの必要性
日本の国土の大部分は森林で66%を占めています。また、日当たりの良い平地の割合で多いのが農用地で13%の471万haを占めています。この日本にある農用地のうち、300万haにソーラーシェアリングを導入すれば国内の総発電量すべてを賄う事も可能です。危険な原発やCO2の排出を高める火力発電所に頼らなくても自然エネルギーだけで電力エネルギーを賄える計算になります。狭い国土の日本に再生可能エネルギーだけで電力を補える大きな可能性があります。
 
設備について
2013.4.1「ソーラーシェアリング」導入に関する農水省の指針が発表されました。
導入するにあたっては、
1.架台の支柱部分を転用とみなし農業委員会の許可無しでは導入不可となる。
2.転用は一時転用扱いとして導入計画により許可し、3年ごとに審査し見直す。
3.営農の継続が担保されるとともに、作物の生産に支障がない遮光率で作業車の利用可能な空間が確保されている事。
4.支柱は簡易な構造で、技術的、経済的に撤去が担保された計画である事。とされています。
<<株式会社ワーク >> 〒409-3804 山梨県中央市井之口971-1 TEL:055-274-0211 FAX:055-274-1411